ここから本文です
協議会等
ビッグデータ&オープンデータ・イニシアティブ九州

ビッグデータ&オープンデータ・イニシアティブ九州

2015.8.27開催 BODIKワークショップ「はじめてのSPARQL」

平成27年度はBODIKワークショップを複数回開催する予定です。その第1回目として「初めてのSPARQL」を開催します。

BODIKワークショップは、オープンデータを利用したアプリケーションを開発するための、LOD、RDF、SPARQLといった技術の講義や、実際にオープンデータを地図にマッピングするWebアプリケーション開発のハンズオンなどを体験することで、オープンデータについての理解を深めていくワークショップです。

平成27年度の第1回目として「初めてのSPARQL」を開催します。

オープンデータの世界では、オープンデータの5つ星というスキームが定義されていますが、4つ星以降ではデータフォーマットにRDFを用いるようになっています。

RDFは主語、述語、目的語というトリプルと呼ばれるデータ構造で表されるのですが、何か英語の勉強のようで拒絶反応が起きるのは自分だけではないと思います。今回は、なんとなく分かりにくいRDFをきちんと理解して、RDFクエリのSPARQL演習を体験することで、RDFをきちんと理解する事を目標にします。

Q&Aの時間や、ハンズオンの中で質問できる時間も取りますので、データのWebって何?、RDFって何?、LODって何?という方もご参加頂けます。

多くの方のご参加をお待ちしております。

概要(開催案内)

2015年8月27日(木) 14:00 ~ 17:00
場所:福岡SRPセンタービル2F 視聴覚研修室

共催:株式会社福岡ソフトリサーチパーク、ビッグデータ&オープンデータ研究会 in 九州 (福岡市、福岡市アジア都市研究所(URC)、九州先端科学技術研究所(ISIT))、アーバンデータチャレンジ2015実行委員会(UDC2015)

定員:20名

参加費:無料

参加の前提:
オープンデータを用いたアプリケーション開発に興味のある方
ネットワーク接続可能なPCを持ってこれる方(WiFi環境はこちらで用意します)

プログラム

  • はじめに
    オープンデータについて
  • 講義
    RDF、LOD、語彙、SPARQL、セマンティックウエブの基本
  • チュートリアル
    初めてのSPARQL
    ・基本的なクエリー
    ・フィルターなどを使ったクエリー
    ・統合クエリー
    ・語彙探索について
    ・便利なツールの紹介

講師プロフィール

Trouve Antoine (トルヴェ アントワン)/九州大学 システム情報科学研究院 情報知能工学部門 助教
2007年2月:九州先端科学技術研究所研究員.
2011年9月:九州大学システム情報科学研究院 博士後期課程修了.博士(工学).
2014年6月:現職.
今まで幅広く研究に従事:コンピューターアーキテクチャー,スーパーコンピューター向けコンパイラ技術,高性能プロセッサーシミュレーション技術,定量データ可視化,ビッグとオープンデータの自動クリンシング/解析/可視化.

後藤孝行/九州大学共進化社会システム創成拠点学術研究員
2011年9月総合研究大学院大学複合科学研究科博士後期課程修了.博士(情報学).
お茶の水女子大学研究員,国立情報学研究所特任研究員を経て,2014年4月から現職.
IPA未踏ソフトウェア創造事業天才プログラマー/スーパークリエータ(2005年度下期).
ウェブ情報学,ヒューマンインタフェース・インタラクション等の研究・開発に従事.

参加者数

33名