ここから本文です

スタッフブログ

新しいカメラ

FUJIFILMのミラーレス一眼 X-E1を買ってみました。

 

 

 

 

 

 

現在ニコンのD7000もあるのですが、大きさを比較すると差は歴然です。
  

以前SONY αのEVF機やOlympusのm4/3などを使っていて、
やっぱりファインダーが欲しいと思い、すべて機材を売ってニコンに移行したのですが、
またEVF機に戻ったことになります。

Nikon D7000は、そこそこ高感度にも強く、AFもある程度の動体に対応してくれるし、
ファインダーも大きく綺麗で、一眼レフにしては小型軽量で万能機なのですが、
やはり気軽に持ち出すには少し大きく重いのです。

もうちょっと小さいのが欲しいなと思っていたところ、
フジのX-Trans CMOSはフルサイズに迫る解像度という口コミに負けて買ってしまいました。

びっくりしたのは高感度性能です。
D7000を買った時にもびっくりしましたが、 今回はもっとびっくりしました。
常用感度はISO6400なのですが、本当に常用できます。
個人的には拡張の12800もBLOG用途なら使える感じです。

前に使っていたSONY α350のISO3200よりも、X-E1のISO12800の方がノイズが少なく、
D7000よりも確実に高感度は強いです。

被写体は100円で買ったジャンクのフイルムカメラです。
クリックするとオリジナルの画像が開きます。

X-E1,55mm,ISO6400,F8,SS1/25

X-E1,55mm,ISO12800,F8,SS1/42

X-E1,55mm,ISO25600,F8,SS1/90

室内や暗い場所でもシャッタースピードが上げれるので助かりますね。

ただ動き回るうちの犬を撮るには液晶も、EVFも残像が残り動体にはちょっと弱いです。
AFの追従性以前に表示の遅延が問題になります。
この点はSONY αのEVFの方が良いですね。

このあたりが解消されれば、富士フイルムのXマウントに絞っていいくらい、気に入ったのですが、うちの犬の撮影には、まだファインダー機の方が良いのかなあと思っているところです。
複数マウントを維持する財力はないので、どちらかを処分することになると思います。

富士フイルムって化粧品とかサプリとか経営の多角化を進めていて、デジタル一眼にはそんなに力を入れていないのかと思っていましたが、このX-Trans CMOSにはびっくりです。高感度、解像度、小型軽量を求めている人は、ぜひ一度使ってみてください。