ここから本文です

スタッフブログ

古いレンズ

最近カメラはニコンのD7000を使っています。

以前はSONYのαや、Olympusのマイクロフォーサーズ機も使っていましたが、
今はたまたまNikonユーザーです。

中古でニコン純正の35-70mm F2.8Dが安かったので買ってみました。
結構気に入っています!

Dタイプは1992年に発売されて2007年まで販売されていたようです。
このレンズは経年劣化で中玉が曇ってしまうようなのですが、
中玉交換済みの美品を購入してみました。

古いレンズなので逆光に弱いようで、太陽を入れて撮るとフレアが大量発生します。

ニコン指定のフードはHB-1なのですが、
DX機では70-300mm用のHB-15というフードを付けると良いという口コミがあり、
フード(これも中古)を買って付けてみました。

フード効果がどこまであるかわかりませんが、
とりあえず太陽を入れなければ、フレアはそこまで気にする必要はなさそうです。

焦点距離が近い、タムロンのA09NII(28-75mm)も持っていて、
どちらも写りはかなり良く、コストパフォーマンスの高いレンズです。
(ボディはDXなのですが、ついFX用のレンズを買ってしまいます・・・)

使い易さ(逆光性能と最短撮影距離)を考えると、断然タムロンなのですが、
タムロンのA09は造りがいまいちなのと、開放の写りは35-70の方が良いような気がしていて、選ぶのは難しいですが、どちらかを残すとしたら35-70を選ぶような気がします。

ニコン純正の標準域通し2.8のズームは、
現行バージョンの24-70は、サイズも重さも値段も大きいですし、
一つ前の28-70も、とても大きいレンズなので、
この35-70はサイズ(値段も!)を考えればお勧めだと思います。
中古美品があればお勧めです。

20年も前のレンズが今でも使えるって驚きですね!
D600に付けてフルサイズで撮影してみたいです。