ここから本文です

スタッフブログ

多様性

自宅の書庫の整理をしていたら、こんなメモが出てきました。


日付を見ると、もう17年も前のもの。

中身はすっかり忘れてしまったけれど、調和と均衡の古典時代から、すべてを呑みこんで豊かなバロックまでの流れ。

これは、時間軸上で現れてくる(歴史的な)「多様性」なのかな。

あるいは、兄弟の、夫婦の、親子の、こころのふれあいや決別や再会の図としても見れるかも。

でこぼこもいいもんだなあ。