ここから本文です
研究室
情報セキュリティ研究室

研究室メンバー(平成28年度まで)

安田貴徳(Takanori Yasuda)

News!

2016年2月24-26日に九州大学西新プラザにおいて、国際会議 7th International Conference on Post-Quantum Cryptography (PQCrypto 2016) を開催しました。

English page is here

所属

(公財)九州先端科学技術研究所 情報セキュリティ研究室
〒814-0001 福岡市早良区百地浜2丁目1番22号 福岡SRPセンタービル(ももちキューブ)7F
TEL: 092-852-3460
FAX: 092-852-3465
E-mail: yasuda(at)isit.or.jp

プロフィール

熊本県天草市出身。
数論、保型表現論、暗号理論(多変数多項式公開鍵暗号、格子ベース暗号、ペアリング暗号、楕円曲線暗号)を研究している。
2009年10月から2010年9月、富士通研究所で暗号の共同研究を行った。

学歴

1995年 3月 熊本県立天草高等学校卒業
1995年 4月 九州大学理学部数学科入学
1999年 3月 同卒業
1999年 4月 九州大学大学院数理学研究科数理学専攻修士課程入学
2001年 3月 同修了
2001年 4月 九州大学大学院数理学府数理学専攻博士後期課程入学
2007年 3月 同卒業 博士(数理学)取得

職歴

2007年 6月 大阪市立COE上級研究員
2008年10月 九州大学GCOE「マス・フォア・インダストリ教育研究拠点」MIリサーチャー
(2009年10月~2010年9月) 富士通研究所に出向し、楕円曲線暗号の共同研究
2011年 4月 九州先端科学技術研究所 情報セキュリティ研究室研究員
2016年 3月 九州先端科学技術研究所退職

講義歴

2014年度前期 非常勤講師 九州工業大学「離散数学」
2015年度前期 非常勤講師 九州工業大学「離散数学」

ジャーナル論文誌論文

  1. Takanori Yasuda, Tsuyoshi Takagi, and Kouichi Sakurai,“Efficient variant of Rainbow using sparse secret keys”, Innovative Information Science & Technology Research Group, Journal of Wireless Mobile Networks, Ubiquitous Computing, and Dependable Applications (JoWUA), Vol.5, No.3, pp.3-13, 2014.
  2. Satoshi Tanaka, Takanori Yasuda, Kouichi Sakurai,“Fast evaluation of multivariate quadratic polynomials over GF(2^32) using grahpics processing units”,Innovative Information Science & Technology Research Group, Journal of Internet Services and Information Security (JISIS), Vol.4, No.3, pp.1-20,2014.
  3. Yutaro Kiyomura, Noriyasu Iwamoto, Shun’ichi Yokoyama, Kenichiro Hayasaka, Yuntao Wang, Takanori Yasuda, Katsuyuki Takashima, Tsuyoshi Takagi,“Heuristic counting of Kachisa-Schaefer-Scott curves”, Journal Information for “JSIAM Letters”, Vol.6, pp.73–76, 2014.
  4. Takanori Yasuda, Kouichi Sakurai,“A security analysis of uniformly-layered rainbow defined over non-commutative rings”, Springer, Pacific Journal of Mathematics for Industry, Vol.6, No.1, pp.81-89, 2014.
  5. Takanori Yasuda, Tsuyoshi Takagi, and Kouichi Sakurai,“Security of multivariate signature scheme using non-commutative rings”, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E97-A, No.1, pp.245-252, 2014.
  6. Takanori Yasuda, Masaya Yasuda, Takeshi Shimoyama, Jun Kogure, “On the number of the pairing-friendly curves”, Academic Publication, International Journal of Pure and Applied Mathematics, Vol.77, No.1, pp.11-15, 2012.
  7. Takanori Yasuda,“The residual spectrum of inner forms of Sp(2)”, Mathematical Sciences Publishers, Pacific Journal of Mathematics, Vol.232, No.2, pp.471-490, 2007.

国際会議論文(査読あり)

  1. Takanori Yasuda, Kouichi Sakurai, “A multivariate encryption scheme with Rainbow”, The 17th International Conference on Information and Communications Security (ICICS2015), Springer LNCS, vol. 9543, pp. 222-236, 2015.
  2. Takanori Yasuda, Tsuyoshi Takagi and Kouichi Sakurai, “Constructing pairing-friendly elliptic curves using global number fields”, The Second IEEE International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2015), WICS, IEEE Xplore Digital Library, pp. 477-483.
  3. Takanori Yasuda, Hiroaki Anada, Kouichi Sakurai, “Application of NTRU using Group Rings to Partial Decryption Technique”, The 7th International Conference on Trusted Systems (Intrust2015), Springer LNCS, vol. 9596, To be appeared.
  4. Satoshi Tanaka, Chen-Mou Cheng, Takanori Yasuda, Kouichi Sakurai, “Parallelization of QUAD stream cipher using linear recurring sequences on graphics processing units”, The Second IEEE International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2014), pp.543-548,2014.
  5. Takanori Yasuda, Tsuyoshi Takagi, Kouichi Sakurai, “Multivariate signature scheme using quadratic forms”, Fifth International Conference on Post-Quantum Cryptography (PQCrypto2013), Springer LNCS, vol.7932, pp.243-258, 2013.
  6. Motoki Kitahara, Takanori Yasuda, Takashi Nishide, Kouichi Sakurai, “Upper bound of the length of information embedd in RSA public key efficiently”, ACM Asia Public-Key Cryptography Workshop (AsiaPKC2013), pp.33-38, 2013.
  7. Takanori Yasuda, Jintai Ding, Tsuyoshi Takagi, Kouichi Sakurai, “A variant of rainbow with shorter secret key and faster signature generation”,  ACM Asia Public-Key Cryptography Workshop (AsiaPKC2013), pp.57-62, 2013.
  8. Satoshi Tanaka, Takanori Yasuda, Bo-Yin Yang, Chen-Mou Cheng, Kouichi Sakurai,“Efficient computing over GF(2^16) using graphics processing unit”, The Seventh International Conference on Innovative Mobile and Internet Services in Ubiquitous Computing (IMIS2013), pp.843-846, 2013.
  9. Takanori Yasuda, Kouichi Sakurai, Tsuyoshi Takagi, “Application of  scalar multiplication of Edwards curves to pairing cryptography”, The 7th International Workshop on Security (IWSEC2012), Springer LNCS, Vol.7631, pp.19-36, 2012.
  10. Takanori Yasuda, Kouichi Sakurai, “A security analysis of uniformly-layered Rainbow — Revisiting Sato-Araki’s non-commutative approach to Ong-Schnorr-Shamir signature towards PostQuantum Paradigm —”, The Fourth International Workshop on Post-Quantum Cryptography (PQCrypto2011), Springer LNCS, Vol.7071, pp.275-294, 2011.
  11. Takanori Yasuda, Kouichi Sakurai, Tsuyoshi Takagi,“Reducing the key size of Rainbow using non-commutative rings”, RSA Conference 2012 (CT-RSA2012), Springer LNCS, Vol.7178, pp.68-83, 2012.

査読付き紀要論文

  1. Takanori Yasuda,“CAP automorphic representations of inner forms of Sp(2)”,  数理解析研究所講究録別冊「保型表現とその周期の構成と応用」

招待講演

  1. 安田貴徳,“多変数多項式暗号の最新動向”,情報通信システムセキュリティ研究会(ICSS2015), 九州工業大学,2015年6月.
  2. 安田貴徳,“多変数多項式暗号の動向”,2013年ソサイエティ大会, 福岡工業大学, 2013年9月.

国外研究会発表(アブストラクトによる査読あり)

  1. Takanori Yasuda, Xavier Dahan, Yun-Ju Huang, Tsuyoshi Takagi, Kouichi Sakurai, “MQ Challenge: Hardness evaluation of solving MQ problems”, Workshop on Cybersecurity in a Posut-Quantum World,メリーランドGaithersburg, 2015年4月.
  2. Takanori Yasuda, Xavier Dahan,Yun-Ju Huang, Tsuyoshi Takagi, Kouichi Sakurai, “Multivariate Quadratic Challenge”, ETSI Quantum Safe Workshop,カナダオタワ, 2014年10月.

国際会議ポスター発表(アブストラクトによる査読あり)

  1. 安田貴徳,グザヴィエ・ダハン,高木剛,櫻井幸一,“Multivariate Quadratic Polynomial Challenge”, The 9th International Workshop on Security (IWSEC 2014), 弘前大学, 2014年8月.
  2. 田中哲士,安田貴徳,櫻井幸一,“Parallel implementations of QUAD stream cipher over binary extension fields on graphics processing units”, The 9th International Workshop on Security (IWSEC 2014),弘前大学,2014年8月.
  3. 安田貴徳,高木剛,櫻井幸一,“Reducing the key size of multivariate signature scheme”, The 8th International Workshop on Security (IWSEC2013), 沖縄市町村自治会館, 2013年11月.
  4. 田中哲士,安田貴徳,櫻井幸一,“Implementation of efficient operations over GF(2^32) using graphics processing units”, The 8th International Workshop on Security (IWSEC2013), 沖縄市町村自治会館, 2013年11月.

プレプリント(査読なし)

  1. Takanori Yasuda, CAP representations of inner forms of Sp(4) with respect to Klingen parabolic subgroup, MI Preprint Series, Faculty of Mathematics, Kyushu University (2010).

国内研究会

  1. Takanori Yasuda, “SRP – A New Multivariate Encryption Scheme With Rainbow”, Fukuoka Workshop on Multivariate Cryptography, 九州大学, 2016年3月.
  2. 安田貴徳, 櫻井幸一,“多変数多項式暗号方式SRPとABC方式の性能比較”,ISEC研究会,電気通信大学,2016年3月.
  3. 安田貴徳, 櫻井幸一,“3乗写像を用いた多変数多項式暗号の提案”,第72回CSEC研究会,明治大学,2016年3月.
  4. 安田貴徳, ホアン・ユンジュ,グザヴィエ・ダハン, 櫻井幸一,“多変数多項式公開鍵暗号と正則性の次数の関係について”,第134回日本数学会九州支部大会,九州大学,2016年2月.
  5. 安田貴徳, グザヴィエ・ダハン, ホアン・ユンジュ,櫻井幸一, “有限体上の多変数多項式環における正則性の次数について”, SCIS2016, ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ, 2016年1月.
  6. 安田貴徳,“群環を用いた格子ベース暗号とその応用”, CRITHMATH2015, ポスターセッション, 産総研 臨海副都心センター別館, 2015年12月.
  7. 安田貴徳,“環の既約分解を用いたNTRU型格子暗号の安全性評価”,第11回代数学と計算,首都大学東京,2015年12月.
  8. 安田貴徳,“群環を用いた格子ベース暗号とその応用”,数学・数理科学専攻若手研究者のための異分野・異業種研究交流会2015,(ポスター発表),東京大学,2015年11月.
  9. 安田貴徳,穴田啓晃,櫻井幸一,“NTRUの群環を用いた拡張とその応用”,ISEC研究会,神奈川大学,2015年11月.
  10. 安田貴徳,穴田啓晃,櫻井幸一,“部分復号可能な格子ベース暗号の提案”,コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2015), 長崎ブリックホール, 2015年10月.
  11. 安田貴徳,櫻井幸一,“多変数多項式署名方式の暗号方式への応用”,コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2015), 長崎ブリックホール, 2015年10月.
  12. 安田貴徳,高木剛,“NIST耐量子暗号ワークショップ参加報告”,情報セキュリティ研究会(ISEC),名古屋市,2015年7月.
  13. 安田貴徳, グザヴィエ・ダハン, ホアン・ユンジュ,高木剛,櫻井幸一, “SCOPE「多変数多項式システム を用いた安全な暗号技術の研究」 の活動”, MELT up フォーラム「組織間機密通信のための組織暗号の研究開発と社会的利用」, 中央大学, 2015年6月.
  14. 安田貴徳, グザヴィエ・ダハン, ホアン・ユンジュ,高木剛,櫻井幸一, “MQチャレンジ:耐量子暗号の解読問題と困難性評価”,第32回量子情報技術研究会(QIT32), 大阪大学 豊中キャンパス, 2015年5月.
  15. Takanori Yasuda, Xavier Dahan, Yun-Ju Huang, Tsuyoshi Takagi, Kouichi Sakurai, “MQチャレンジ ~多変数多項式暗号の安全性評価~”, 応用数理学会2015年研究部会連合発表会, 中央大学, 2015年3月.
  16. 安田貴徳, グザヴィエ・ダハン, 櫻井幸一, “非可換環を用いたNTRU方式の拡張”, 第32回情報とセキュリティシンポジウム(SCIS2015), 北九州市, 2015年1月.
  17. 安田貴徳, “PQCrypto 2014参加報告”, 第32回情報とセキュリティシンポジウム(SCIS2015), 北九州市, 2015年1月.
  18. Takanori Yasuda, Xavier Dahan, Yun-Ju Huang, Tsuyoshi Takagi, Kouichi Sakurai, “MQ Challenge: Hardness Evaluation of Solving Multivariate Quadratic Problems”, 第32回情報とセキュリティシンポジウム(SCIS2015), 北九州市, 2015年1月.
  19. 安田貴徳, “群環を用いたNTRUの拡張方式”,6th workshop on interaction between Cryptography, Information Security and Mathematics (CRISMATH 2014), 産総研臨海副都心センター別館, 2014年12月.
  20. 安田貴徳, グザヴィエ・ダハン, 櫻井幸一, “非可換群を用いたNTRUの拡張方式 その2”, 情報セキュリティ研究会(ISEC2014), 兵庫県立大学, 2014年11月.
  21. 田中哲士, 鄭振牟, 安田貴徳, 櫻井幸一, “Graphics Processing Unit によるマルチストリーム方式を用いたQUADストリーム暗号の高速化”, ISEC研究会, 兵庫県立大学, 2014年11月.
  22. 安田貴徳, グザヴィエ・ダハン, 櫻井幸一, “非可換群を用いたNTRU方式の拡張”, コンピュータセキュリティシンポジウム2014(CSS2014), 札幌コンベンションセンター, 2014年10月.
  23. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “疎な秘密鍵を用いた多変数多項式署名方式”, 日本応用数理学会2014年度年会JANT オーガナイズド・セッション「数論アルゴリズムとその応用」研究集会, 東京都港区 政策研究大学院大学, 2014年9月.
  24. 田中哲士, 安田貴徳, 櫻井幸一, “線形回帰数列を用いたGF上のQUADストリーム暗号の並列実装”, 平成26年度(第67回)電気・情報関係学会九州支部連合大会, 鹿児島県鹿児島市鹿児島大学, 2014年9月.
  25. 安田貴徳, ダハン・グザヴィエ, 櫻井幸一, “群環を用いたNTRUの安全性解析”, 日本応用数理学会2014年度年会JANT オーガナイズド・セッション「数論アルゴリズムとその応用」研究集会, 東京都港区 政策研究大学院大学, 2014年9月.
  26. 田中哲士, 安田貴徳, 櫻井幸一, “Graphics Processing Unit を用いた拡大体上のQUADストリーム暗号の高速化”, 第13回情報科学技術フォーラム(FIT 2014), 茨城県つくば市筑波大学筑波キャンパス, 2014年9月.
  27. 安田貴徳, 山口雄也, Xavier Dahan, 櫻井幸一, “Cryptanalysis of a matrix variant of NTRU”, 情報セキュリティ研究会(ISEC2014), 函館市, 2014年7月.
  28. Takanori Yasuda, “Multivariate public key cryptosystem and application of non-commutative rings”, 耐量子暗号の最新動向, 九州大学, 2014年3月.
  29. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “Constructing pairing-friendly elliptic curves using global number fields”, Workshop around algebraic combinatorics, 高知大学, 2014年1月.
  30. 安田貴徳, 齋藤恆和, 小林鉄太郎, 高木剛, “拡大体上の楕円曲線暗号へのGHS攻撃に対する安全性解析”, 2014年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2014), 鹿児島市城山観光ホテル, 2014年1月.
  31. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “固定された係数を持つペアリングフレンドリ曲線”, 2014年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2014), 鹿児島市城山観光ホテル, 2014年1月.
  32. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “数体上の楕円曲線のペアリングペアリングに適した還元”, 第10回「代数学と計算」研究集会(AC2013), 首都大学東京, 2013年12月.
  33. 安田貴徳, “PQCrypto2013参加報告”, 情報セキュリティ研究会(ISEC2013), 機械振興会館, 2013年12月.
  34. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “楕円曲線の効率的モデルのAte系ペアリングへの応用”, 情報セキュリティ研究会(ISEC2013), 札幌コンベンションセンター, 2013年7月.
  35. 安田貴徳, 佐々木悠, 櫻井幸一, “インドクリプト2012参加報告”, 情報セキュリティ研究会(ISEC2013), 関西学院大学大阪梅田キャンパス, 2013年3月.
  36. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “2次形式の分類定理を用いた多変数多項式デジタル署名”, 2013年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2013), 京都市, 2013年1月.
  37. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “ヤコビ4次曲線を用いた効率的なペアリングフレンドリ曲線”, 2013年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2013), 京都市, 2013年1月.
  38. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “非可換環を用いた多変数多項式署名方式に対するランク攻撃に対する考察”, コンピュータセキュリティシンポジウム 2012(CSS2012), 松江市, 2012年11月.
  39. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “三角行列表示を用いないRainbow型電子署名方式”, 情報セキュリティ研究会(ISEC2010), 北海道工業大学, 2012年7月.
  40. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “2次形式の同型写像を用いた多変数多項式署名の構成”,  2012年日本応用数理学会研究部会連合発表会セッション「数論アルゴリズムとその応用」, 九州大学, 2012年3月.
  41. 安田貴徳, 高木剛, 櫻井幸一, “Edwards曲線が有効なペアリング暗号の埋め込み次数”, 2012年度暗号と情報セキュリティーシンポジウム(SCIS2012), 金沢市, 2012年1月.
  42. 安田貴徳, Jintai Ding, 高木剛, 櫻井幸一, “Some efficient variants of UOV and Rainbow”, 2012年度暗号と情報セキュリティーシンポジウム(SCIS2012), 金沢市, 2012年1月.
  43. 安田貴徳, 櫻井幸一, 高木剛, “Edwards 曲線を用いた効率的なペアリング暗号の構成”, 第 9 回「代数学と計算」研究集会(AC2011), 首都大学東京, 2011年11月.
  44. 安田貴徳, 櫻井幸一, 高木剛, “非可換環の多変数多項式公開鍵暗号への応用”, 日本応用数理学会2011年度年会JANT オーガナイズド・セッション「数論アルゴリズムとその応用」, 同志社大学, 2011年9月.
  45. 安田貴徳, 櫻井幸一, “非可換環上の多変数多項式署名方式に対する安全性評価の再考”, 情報セキュリティ研究会(ISEC2011), 機械振興会館, 2011年5月.
  46. 安田貴徳, 櫻井幸一, 高木剛, “Rainbow型電子署名の鍵長削減に関する一考察”, 情報セキュリティ研究会(ISEC2011), 機械振興会館, 2011年5月.
  47. Takanori Yasuda, Masaya Yasuda, Takeshi Shimoyama, Jun Kogure, “ペアリングフレンドリ曲線全体におけるBW 法で構成される曲線の割合について”, 情報セキュリティ研究会(ISEC2010), 弘前大学, 2010 年7月.
  48. Takanori Yasuda, Masaya Yasuda, “保型形式に対応する楕円曲線の構成法”, 2010年暗号と情報セキュリティーシンポジウム(SCIS2010), 高松市, 2010月1月.
  49. 安田貴徳, “Application of Scalar Multiplication of Edwards Curves to Pairing-Based Cryptography”, 九州大学 暗号セミナー, 2012年11月26日.
  50. 安田貴徳, “Edwards Curves and Elliptic Curve Cryptography”, 成均館大学校(ソウル), 2012年9月21日.
  51. 安田貴徳, “Reducing the Key Size of Rainbow using Non-commutative Rings”, 九州大学 暗号セミナー, 2012年2月7日.
  52. 安田貴徳, “A security analysis of uniformly-layered Rainbow – Revisiting Sato-Araki’s non-commutative approach to Ong-Schnorr-Shamir signature towards PostQuantum Paradigm-”, 九州大学 暗号セミナー, 2011年11月15日.
  53. 安田貴徳, “Automorphic representations of quaternionic hermitian unitary groups”, 上海交通大学, 2011年7月11日.
  54. 安田貴徳, “Rainbow and its Extension using Non-commutative Rings”, 九州大学 暗号セミナー, 2011年3月24日.
  55. 安田貴徳, “Construction of Pairing-Friendly Curves and Brezing-Weng Method”, 九州大学 暗号セミナー, 2011年2月15日.
  56. 安田貴徳, “Sp(4)のinner form の保型形式とL 関数”, 第4回福岡数論研究集会, 2009年8月25日.
  57. 安田貴徳, “Non-tempered automorphic representations of inner forms of Sp(4)”, 京都大学数理解析研究 所研究集会、「保型表現と保型L 函数の数論的研究」, 2009年1月19日.
  58. 安田貴徳, “CAP automorphic representations of inner forms of Sp(2) -2-”, 京都大学数理解析研究所研 究集会, 「保型表現、保型形式とL 函数の周辺」, 2008年1月21日.
  59. 安田貴徳, “局所体上のHowe duality conjecture”, 大阪市立大学談話会, 2007年12月19日.
  60. 安田貴徳, “Sp(2)のinner form のCAP 保型表現”, 大阪大学整数論・保型形式セミナー, 2007年10月 26日.
  61. 安田貴徳, “CAP automorphic representations of inner forms of Sp(2)”, 京都大学数理解析研究所研究集会, 「保型表現とその周期の構成と応用」, 2007年1月16日.
  62. 安田貴徳, “Sp(2)のinner form の留数スペクトル”, 第11回代数学若手研究会, 名古屋大学, 2006年 3月3日.
  63. 安田貴徳, “Sp(2)の quaternionic inner form のテータ対応”, 第2回広島整数論集会, 広島大学, 2003年7月23日.

研究集会・会議の運営

  • general co-chair: 2016年2月22日-2月26日
    国際会議 PQCrypto 2016, 九州大学西新プラザ
    主催:九州大学マス・フォア・インダストリ研究所,共催:ISIT 情報セキュリティ研究室
  • ワークショップオーガナイザー: 2015年9月1日-9月3日
    マス・フォア・インダストリ研究所共同利用ワークショップ「プライバシ保護・分散型管理の次世代暗号技術とこれを支える数理構造」, 九州大学 産学官連携本部産学官連携イノベーションプラザ
    主催:九州大学マス・フォア・インダストリ研究所,共催:ISIT 情報セキュリティ研究室
  • ワークショップオーガナイザー: 2014年11月3日-11月4日
    耐量子暗号ワークショップ 「-最新結果と動向-」, 福岡SRPセンタービル
    主催:ISIT 情報セキュリティ研究室, 共催:九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
  • ワークショップオーガナイザー: 2013年12月14日-15日,SCOPE ワークショップ「耐量子暗号とその周辺」,福岡SRPセンタービル
    主催:ISIT 情報セキュリティ研究室, 共催:九州大学ITセキュリティ研究室
  • ワークショップオーガナイザー: 2013年8月26日-30日,マス・フォア・インダストリ研究所共同利用ワークショップ「安全・安心社会基盤構築のための代数構造
    ~サイバー社会の信頼性確保のための数理学~」,西新プラザ
    主催:九州大学マス・フォア・インダストリ研究所,共催:ISIT 情報セキュリティ研究室
  • ワークショップオーガナイザー: 2013年3月2日-3日, 産学連携最先端研究国際ワークショップ「安全な社会基盤への計算量的数論の応用(II) –多変数多項式システムの求解とその周辺– 」, 福岡SRPセンタービル

競争的資金等の研究課題

  • 総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)平成26, 27年度イノベーション創出型研究開発フェーズII「多変数多項式システムを用いた安全な暗号技術の研究」,代表, 2015年4月–2016年3月.
  • 総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)平成25年度イノベーション創出型研究開発フェーズI「多変数多項式システムを用いた安全な暗号技術の研究」,代表
  • 科研費 若手研究B, 「非可換構造を用いた多変数多項式公開鍵暗号の設計と解析」, 代表,2012年4月–2015年3月.
  • A-Step FSステージ 探索タイプ, 「非可換構造を用いた次世代暗号の設計と解析」, 代表, 2011年8月–2012年3月.

出張・参加報告