ここから本文です
研究室
情報セキュリティ研究室

情報セキュリティ研究室

インド カルカッタ大学 Roy氏 講演会:2015年7月15日

■講演タイトル:”Secret Sharing Schemes against Malicious Adversary: Information Theoretic Security
■日時:2015年7月15日15:00-17:00

■場所:ISIT百道オフィス会議室(福岡市早良区百道浜2丁目1番22号 福岡SRPセンタービル7階)

■講演者:

    • Patha Sarathi Roy, Lecturer, University of Calcutta

■概要:Secret sharing scheme is main building block of secure distributed computation. Shamir [9] and Blakley [1] independently addressed this problem in 1979 when they introduced the concept of the threshold secret sharing. In the basic form of secret sharing schemes, it was assumed that everyone involved with the protocol is semi-honest. But for the real life scenario, this assumption may not hold good due to the presence of adversary. Here, we discuss about brief history and constructions of information theoretically secure secret sharing schemes against malicious adversary.

 

■謝辞

本講演及び研究討議の参加者である穴田啓晃は,下記の研究助成金に支援を受けております.
●日本学術振興会(JSPS),科研費研究課題番号:15K00029,
研究課題名:対話型証明と秘密分散に基づく認証方式・署名方式の設計及び安全性評価
注)上記研究課題の下,秘密分散法の最新技術の設計について講演頂き,研究討議する.

本講演及び研究討議の参加者であるPartha Sarathi Roy氏は,下記の研究プロジェクトのメンバーです.
●JSPS-DST Strategic Japanese-Indian Cooperative Programme on Multidisciplinary Research Field.
http://itslab.csce.kyushu-u.ac.jp/jsps/new/indexd236.html?page_id=12

(以上)