ここから本文です

イベント情報

2014.12.15開催:第2回ふくおかIST-ISITジョイントセミナー(第41回ISIT技術セミナー)(開催済)

テーマ

『自己修復する知的機械 ~進化型次世代ロボットの開発を目指して~』

20141215-第2回ふくおかIST-ISITジョイントセミナー
←開催案内(PDFファイル)

日時

平成26年12月15日(月) 15:00~16:45(受付開始14:30~)

会場

福岡システムLSI総合開発センター 2F A-B会議室
(福岡県福岡市早良区百道浜三丁目8番33号)

交通アクセス

講演要旨

ロボットとの共生は、われわれの生活をより豊かにするだけでなく、海洋、宇宙・惑星探査など未踏の世界を切り拓き、様々な分野において新たな価値観を生みだすものと期待されます。ただ、ロボットが、人社会のなかで、あるいは、人が立ち入れない極限環境のなかで、正しく動きつづけるためには、自身の健全性を維持する機能が必要不可欠となります。
今回のセミナーでは、制御工学からのアプローチで「自分の健康を管理するロボット」を開発する取り組みについて紹介し、特に、フィードバック制御(フィードバックは生物にもみられる調整機構です)の概念にもとづいた「自己修復制御」について概説しました。また、ロボットの自己修復から進化型への開発の方向性を示しました。

プログラム

15:00~ 開会挨拶:(公財)福岡県産業・科学技術振興財団、(公財)九州先端科学技術研究所

15:15~ 講演 「自己修復する知的機械

東海大学 基盤工学部電気電子情報工学科 教授 博士(工学)高橋 将徳 氏

16:45~ 閉会挨拶

主催等

主催:公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団(ふくおかIST)
共催:公益財団法人九州先端科学技術研究所(九州先端研ISIT)
後援:公益財団法人北九州産業学術推進機構(FAIS)、九州大学産学官連携本部、福岡市

参加者数

54名
※当日の様子はこちら