ここから本文です

イベント情報

2014.10.3開催:第77回ISIT定期交流会(HISCO九州支部共同主催)(開催済)

テーマ

『いま話題のウェアラブルデバイスがもつ可能性とは』

日時

平成26年10月3日(金)   講演会  14:00 ~ 17:00(13:30 ~ 受付開始)
             デモ紹介 17:00 ~ 18:00
             懇談会  18:00 ~ 19:00

会場

福岡 SRP センタービル(ももちキューブ) 2階 ももち浜SRPホール
(福岡市早良区百道浜2丁目1-22)

交通アクセス

開催概要

 現在、Google GlassやApple Watchで世間を賑わしている「ウェアラブルデバイス」をテーマに、
その種類や機能、今後どのような分野に応用され、新サービスとして期待できるのかを話して
いただきます。
 また、センサーデバイスや他のウェアラブルデバイスと連携させた技術的な話題や東京で活動を
行っているセンサー&デバイス系コミュニティの紹介を通して、ウェアラブルデバイスのこれからの
可能性を見出していただければと思います。
 講演会のあとには実機を使用したデモンストレーションも行います。ウェアラブルデバイスを間近
に見て、その機能を体感していただくよい機会になればと思います。
 さらに、今回は立食形式での懇談会を設けます。講師・参加者・主催者間での親交を深める
よい機会ですので、ぜひご参加ください。

プログラム

14:00~ 開会挨拶 ISIT専務理事 西平博利

14:10~ 講演1 「サービスデザインから観たウエアラブル端末の世界動向と今後」
      九州大学大学院芸術工学研究院 社会システムデザイン講座
      教授 都甲 康至 様

14:50~ 講演2 「メガネ型ウェアラブルデバイスとモーションセンサーの融合」
      フリーエンジニア 中村 薫 様
      ※講演スライドはこちら

15:30~ 休憩

15:45~ 講演3 「ウェアラブルデバイスとしてのOculus Rift」
      フリーエンジニア 谷口 直嗣 様
      ※講演スライドはこちら

16:25~ 講演4 「TMCN:Tokyo MotionControl Networkとは何か?」
      Tokyo MotionControl Network(TMCN)代表/
      株式会社ネクストシステム GM兼チーフプロデューサー 木村 晋宏 様
      ※講演スライドはこちら

16:55~ 閉会挨拶 HISCO九州支部長 伊集院 一人

17:00~ デモンストレーション紹介 中村 薫 様、谷口 直嗣 様

18:00~ 懇談会

※開催案内チラシはこちらをご覧ください。

主催等

主催:公益財団法人九州先端科学技術研究所(九州先端研ISIT)
   ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合(HISCO)九州支部
後援:福岡市、九州大学産学官連携本部、電子情報通信学会九州支部、情報処理学会九州支部

対象者・定員

対象者:どなたでもご参加いただけます。
定員:100名程度

参加費

講演会のみのご参加は無料。懇談会参加費 2,000円(賛助会員・学生の方は無料)。

参加者数

93名