ここから本文です

イベント情報

セミナー:加速器のあるまち~CERN帰国報告

テーマ

国際リニアコライダー(ILC)応援企画

ISITでは本イベントを共催いたしました。

開催時チラシはこちら

日時

平成25年 4月 12日(金)   18:30~21:00

会場

BIZCOLI 交流ラウンジ(福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館3F)

内容

世界的な素粒子加速器施設「国際リニアコライダー(ILC)」。脊振山脈への誘致が決まると、産業や文化、住む人たちの生活にどんな影響があるのでしょうか。本セミナーでは、2008年から「欧州原子核研究機構(CERN)」により、世界最大の加速器施設「大型ハ ドロン衝突型加速器(LHC)」が稼働しているスイスのジュネーブの様子を、先進事例としてご紹介します。現在、CERNで素粒子の研究をしている九州大学理学研究院・東城先生が、一時帰国されています。 加速器の誘致によって、街の文化や教育・産業がどのように変わったのか、ジュネーブで研究中の海外 の科学者・技術者の暮らしぶりなどについて、現地で実際に体験したことを中心にお話しいただきます。

プログラム

セミナー:18:30~20:00

加速器のあるまち~CERN帰国報告
東城順治氏(九州大学理学研究院准教授)

交流会:20:00~21:00

参加費

セミナー1,000円/ 交流会費1,000円(参加者のみ)

主催等

主催:九州経済連合会九州経済調査協会
共催:九州先端科学技術研究所

参加者数

35名(定員)